資格について

キャリアアップイメージ

管工事業界では資格がなくてもお仕事をすることは可能ですが、資格があることで携われる業務範囲が変わってきます。
取得する資格によって描く将来も変わります。

配管技能士(国家資格)

「配管職」の中でいちばん基本となる資格。

給水管、排水管、ガス管、空気清浄装置や冷暖房の換気設備など建築物の配管工事を行う技能を認定する国家資格。名称独占資格である。

【試験内容】 
■ 3級(初級):技能試験のみ
■ 2級(中級):技能試験+筆記試験
■ 1級(上級):技能試験+筆記試験

※技能検定試験では「建築配管作業」と「プラント配管作業」に区分される。
資格がないと業務に従事できないというわけではないが「配管技能士」と名乗る為には必要。

排水設備工事責任技術者(受験条件有り)(有効期限5年)

公益社団法人 日本下水道協会が運営する資格。
各都道府県の下水道協会により試験が実施。
排水設備工事の設計から施工までを管理するために必要な資格。
排水設備工事事業所としての指定を受けるには最低1名以上の雇用が必要。

【試験内容】 学科試験(法令分野・技術分野)
 ※5年ごとの更新講習を受講し再登録が必要。

給水装置工事主任技術者(受験条件有り)

給水装置工事をする上で必要となる資格。給水装置工事をするうえでの技術管理や給水装置工事に従事する者の技術上の指導監督などが行える国家資格。
給水設備工事事業所としての指定を受けるには最低1名以上の雇用が必要。

【試験内容】 学科試験(公衆衛生概論・水道行政・給水装置の概要・給水装置の構造及び性能・給水装置工事法・給水装置施工管理法・給水装置計画論・給水装置工事事務論)

資格がないと業務に従事できないというわけではないが法律に伴って工事が行われてるかどうか確認するために必要な資格。

管工事施工管理技士(国家資格)(受験条件有り)

建設業のうち冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程・品質・安全にかかわる管理を行うための資格。

【試験内容】 学科試験(機械工学・施工管理法・法規)+実地試験(施工管理法)                            
■2級:建設業法による一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができる。
■1級:建設業法により特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができる。監理技術者であり続けるためには更新が必要である。

土木施工管理技士(国家資格)(受験条件有り)

施工管理技士国家資格のうちの1つ。河川・道路・橋などで行われる土木工事において主任技術者や監理技術者になるために必要な資格。建築業界で仕事をするなら、ぜひとも取得しておきたい資格。
公共工事を行うためには必要な資格。

【試験内容】 筆記試験(土木工学・施工管理法・法規)+実地試験(施工管理)
※学科合格者のみ、実地試験受験可
※2級の出題科目は「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」から選択可

■1級:河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道、などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理を行うのに必要。
■2級:土木、鋼構造物塗装、薬液注入に分かれ、それぞれで河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理を行うのに必要。